マクドナルドに使われている肉は一体ってしっていますか?その正体が明らかになったのは、イギリスの有名シェフがマクドナルドを相手取った裁判で明らかになったと言われています。このニュースが、インターネットで拡散しています。

マクドナルドの肉は本当の肉の変わりに食用肉から出たくず肉、腱、脂肪、結合組織を混ぜたものから成るペースト状の生地とアンモニアから作られたものを使用していたと証明されました。

くず肉とは、商品価値の低い食用の畜肉の事で骨格周辺やブロック状に切りそろえた時の切れ端、更に各種機関周辺部に位置するあまり見た目が良くないものをそういいます。

生地には、裁判の申し立て内容や判決日が記載されていない状態で、裁判を下という詳細については書かれていません。裁判で証明されている肉がどこを流通しているのかも全くわからない状態の不明確な情報が含まれている記事が大きく拡散しているのです。

実際に、今までにも何度も使用をやめるという肉も使っていたという事により、何度も同じ繰り返しをしているという中で裁判になったと言われています。

実際に、安くて子供も大好きですが、こんな状態では本当に消費者をどう思っているのか?と問いかけてみたくなりますが、裁判について詳しく紹介されているわけではないので、どこを信じたらよいのかわかりません。

しかし、事実と異なっている場合には、マクドナルドの方も黙っていないと思いますので本当なのでしょうか。今までは、何度も噂はありましたが本当に証明されたことにより、自己責任で食べさせることになると思います。

やすいということで消費者も満足していますが、事実なら怖いしマックにはいきたくないと思いますよね。否定的な反応が出るのは当たり前で、日本では報道されていないので報道規制がかかっているのではとも言われています。

過去にも同じような問題がありましたが、実際に私の知っている学校の先生も、マックでアルバイトをしたことがあるということで、肉についてはおすすめできる肉ではないという事を聞いたことがあります。

実際に、今までは噂ということでしたが、実際に裁判があり証明されている以上は自己責任で食べる必要がありますし、間違っても子供には与えたくないと感じる人も沢山いると思います。

私もその中の一人ですが、子供が喜ぶから行くみたいな点もありましたが、日本でも同じ肉を使っているのでしょうか。米マクドナルドだけなら大丈夫ですが、日本も同じなら本当に怖いですよね。

この状態を日本マクドナルドに取材すると米本社に確認したが裁判があったという事実はないと日本では、この加工肉が使われたことはないと言っています。

日本マクドナルドの回答では、肉の正体は判明したと報じている根拠となったシェフによる起訴自体が存在していないという事になります。

実際に何が本当かはお互いの意見が違っているのでわかりませんが、今後はきちんと何を食べさせるにしても自己責任ということは変わりはないと思います。

朝食を抜く人も多いのですが、朝食を抜くことにより余計に太ってしまうという話があります。朝食は、体にとってとても大切なものなので、きちんととるようにしましょう。

朝ごはんは食べたくないから食べないという人やダイエット中なのでという人がいますが、朝ご飯を抜くことにより、美容と健康、精神的にも悪いことばかりだと言われています。

1食抜くことにより、カロリーを減らすことができると考えている人も多く、昼食は職場の方と一緒の場合もあるし、夜も付き合いがあるのでと考えて朝食を抜けばよいと考える人もいますが、朝食を抜いてもカロリーは関係しません。

空腹のまま午前中エネルギーを消費して体は栄養を欲しがっているので、どの分、昼に食べ過ぎてしまったり、カロリーがそのまま体に栄養となってしまう事もあります。

朝起きた時には、体も脳もしっかりと目覚めていない状態です。そのままで仕事をしても効率を上げる事が出来ませんし、エネルギーの消費も少なくなります。朝ごはんを食べることにより、脳や体に栄養が行き渡りますので、しっかり目覚める事が出来ます。その状態で働き動くことにより、エネルギーも脂肪も消費されます。

また、食事の間隔があいてしまうことにより、体は体内にエネルギーを貯めておこうとしてしまうので、朝食ととることで、腸内の運動が活発になり便秘解消にもつなげる事が出来ますが、朝食を取らない場合には、便秘がちになってしまうので注意が必要になってます。

更に1日2回の食事は肥満になりやすいとともいわれていて、朝食を抜いて1日2食しか食事をしないと、インスリンが働きにくくなってしまい、糖尿病の可能性も高くなり、肥満になってしまいやすく、朝食は生活習慣病の予防にもなると言われています。

朝食を食べないという人も多いと思いますし、食べられない理由なども個人であると思います。しかし、その習慣を変える事も大切になってきます。食欲がないという人は、野菜ジュースやお味噌汁などドリンク類だけでも摂取するようにいsましょう。

28才女の口コミ!エルセーヌ大幅減量コース

また、朝忙しくでゆっくり食事をする時間がないという人はヨーグルトと果物やチーズと果物、おにぎりとみそ汁など、食べやすく手間のかからないものを選ぶのもよいと思います。

朝食を抜くことにより、逆に太りやすくなってしまいますので、カロリーを考えているという人は、朝はなるべくたくさん食べるようにして、夕食を控えめにすることによりダイエットにも健康にもよい食事のバランスとなります。

実際に、朝は無理と考えている場合でも、パンなど手軽に食べる事が出来るものからスタートすることにより、体が徐々に慣れていき、慣れることにより、しっかり食べる習慣も自然に身につける事が出来るようになります。

髪に関する様々なウワサというのも常に絶えないものですよね。

その中で噂というか定説みたいになってしまっているのが、

「毛穴の皮脂が髪の成長を邪魔する」

という話。

これは育毛サロンなどで盛んに謳われている話なのですが、
よくテレビCMとかでやっていますよね。

毛穴に詰まった脂汚れを取り除かないと髪の成長の邪魔になってしまうとか、ならないとか・・・。

・・・

いきなりですが、作家の五木寛之さんを知っていますか?

あの人は髪をシャンプーで洗わない生活をもう何十年もやっているのですが、
見て分るとおり髪の毛はフサフサですよね。

ホームレスや海外の原住民族なんかも毎日シャンプーでゴシゴシ髪を洗ったりなんか絶対にしません。
皮脂が毛穴にフタをしてしまって髪の成長を阻害するという理論が正しければ、そういった人たちはほぼ全員頭が禿げあがっているということになりますよね。

ですが、現実的にハゲている人が多いかと言えば決してそんなことはないのです。

どちらかといえば髪がフサフサの人が多いんじゃないでしょうかね。

昔の人を例にとっても同じこと。

現代人みたいに、昔の人は毎日髪を洗剤つけて洗ったりなんてしませんからね。

昔の人、例えば江戸時代の人間がみんな髪が薄いのかと言えば、決してそんなことはないのです。

実例から考えても、皮脂が毛穴にフタをしてしまって髪の成長を邪魔してしまうなんて理論は成り立たないことが分るのではないでしょうか?

人に何か商品を買ってもらうには危機感をもってもらうのが一番手っ取り早いのです。

例えば自然災害。

自然災害が発生すれば必ず水がたくさん売れるのです。

「今買っとかないと、なくなったらどうしよう?」

という人間の心理が働きますからね。

それと同じで育毛サロンもお客さんに危機感を与えているということ。

「その皮脂、早く取り除かないと髪が抜け落ちてしますますよ!」

とね。

落とした食べ物の5秒ルールについて

落とした食べ物でも5秒以内だったらきれいとか、様々なうわさ話があるものです。

これが、落とした食べ物の5秒ルールです。

こんなものは全く何も根拠ないから、あなたも信じない方がいいですね。

落としたものは汚いから、食べない方が無難かも!

食べ物は作られている過程を見ていないから、どんなものなのかは分からないでしょう。

もしかしたら作っている過程で、物を落としているかもしれません。

そんなことになったらいやな感じです。

きれいな物を食べたいけれども...。

 

友人が有名なレストランでバイトをやっていましたが、内部は汚かったらしいのです。

信用できないなと思います。

食べ物はどんなもの使われているのかは分からないから、外食も怖いね!

最近では、有名なホテルが偽装表示しています。

業界関係者は、

どこでも、同じようなことをやっている!

というのです。

本当かな?

見えなかったら、何やっているのか分からないです。

落とした食べ物の5秒ルールも効果はないと思いますが...、

人間もきれいに清潔に生きていきたくても、100%完璧にすることはできないものです。

見えない部分では、何をやっているのかが分からないから自炊した方が無難なのかな?

若いときには元気でも、年々年を取ってしまうのでいやなものです。

 自分でも体力がなくなってきたなと思っています。

 だから、体がきついぜ。

 筋肉痛になった時には、すぐに痛くならないで、翌日とか翌々日になって痛くなるので困ります。

 この辺のタイムラグも、自分が若くはない証拠なのかなと思うと切なくなってしまうのです。

 身体は正直なものです。

 若いときには、自分が年を取ってしまうことは想像もしないけれども、確実に誰でも年を重ねていきます。

 自分もこんないやな気持ちになるのですから、スポーツ選手や芸能人はさらに大変です。

 身体が衰えてきたら、どんな切ない気持ちになってしまうのかな?

 身体が元気なのが1番です。

 年齢を重ねても元気!とか、ミニスカートを履いている子もいますがイタイね。

 本人はいい気分かもしれませんが、見ていたらそこまでやらなくてもいいのでは?とか思うのです。

 老けたくない気持ちは分かるけれども、イタイことはやらない方がいいよ。

 自分も今の体力をキープできて筋肉痛にもならなかったらいいのですが、正直自信がありません。

身体が元気でなかったら、心も哀しくなって憂鬱になってきます。

 君は、体には自信がありますか?

 40代になったら、みんな体の自信がなくなっていくのではないのかな?

 年を隠すことはできないけれども、老いたくない心境です。

テレビでも提唱をしている人がいるのは、短時間睡眠法です。

若返りで人気の南雲医師も効果が高いから、少ししか寝ないで朝の3時とかには起きています。

短時間睡眠法は、本当に体にはいいことなのかな?

睡眠は人間が健康に生きていくのには、基本的なものです。

寝ないことは体にはよくないね。

南雲医師のようなことをやったら、疲れてしまうのではないでしょうか?

健康法もどんどん新しいことがでてきますが、効果があるのかは謎です。

かえって、健康法をやって体がおかしくなってしまう人もいます。

結局は、健康法は特別なものではなくて、基本的なものの方が効果が高いと思います。

規則正しい睡眠時間も、重要な柱でしょう。

それに、自分は寝ることが好きだから、その楽しみがなくなったらせつないな。

たくさん寝てたくさん食べて、人間の楽しみにもつながってきます。

健康になれても、おいしいものも食べられないで寝られなかったら、意味ないなとか思うのです。

キミは、どんな考え方ですか?

健康の考え方もみんな違っていますから、自分にあった健康法を始めていくといいかもしれません。

これは昔ひそかにささやかれていた話というか、ウワサになるのですが、

誰の家にもある髪をとくブラシを使って頭皮をたたくと髪が増えるという話。

kamibu.jpg

これは、今となってはタブーとされている話でもあるのです。

というのも、たたきすぎて余計に髪が生えなくなったという人がいたりしますからね。

なぜなら、たたきすぎて毛根の大事な細胞まで壊してしまっていたりするからです。

なんでもやりすぎというのは絶対によくないのです!

昔、ボクが中学時代の話なのですが、なぜかやたらと髪が抜け落ちる時期があって、
あまりに心配だったのでスーパーマーケットで育毛剤を購入してひたすら毎日つけていた時期がありました。

で、

そんなときにオヤジに言われたのが、ブラシで頭皮をたたけば髪が増えるという話です。

確かに当時、1990年代の初頭というのはワケの分からないうわさというか、
都市伝説のような話が氾濫していた時期でもありましたからね。

時代はバブルの絶頂期といってもいいでしょう。

そんな時期に今ではタブーとされている噂とか都市伝説がはやっていたりしていたのです。

確かに、頭皮マッサージに関してはやることで頭皮の血行が促進されるという話はよくあります。

しかし、

頭皮のブラシ、先の固いところで頭皮をたたくというのは今では絶対にタブーとされているので
やめておいたほうがいいですよ。」

MTBlog50c2BetaInner

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.3